助成金を活用してリフォーム

>

どのような時に適応されるのか

手すりがあると安心できる

足腰が弱っている高齢者は、歩くだけで転んでしまうことがあります。
転ぶと骨を折るなど、大きな問題に発展します。
転ばずに自分で移動できるように、廊下に手すりを付けてください。
すると誰の手も借りなくて良いので、介護される側だけでなくする側のストレスも解消できるのでメリットが多いです。
浴室は床が滑りやすいので、特に転ぶ危険性があります。

浴室にも手すりを付けると。高齢者が安心して入浴ができます。
手すりを付けるだけでも結構な金額になりますが、助成金を利用できるので費用を心配することはありません。
階段の段差を低くすることもおすすめです。
すると足を高く上げなくても良いので、足腰が弱っている高齢者でも簡単に上り下りできます。

意見を聞いてみよう

実際に介護を受ける人に、どのようなバリアフリー機能があれば良いのか聞いてください。
自分たちでこの機能が必要だとイメージしても、いらないと言われたら取り付けた意味がなくなります。
助成金を利用できるといっても、無駄な機能は付けないでください。
本当に必要な機能を搭載するために、意見を聞きましょう。

現在両親が遠くの地域に暮らしているなら、電話で話を聞くと良いですね。
なかなか意見がまとまらないかもしれないので、早めに連絡をしましょう。
すると時間をかけて、ゆっくりとリフォームの計画を進められます。
何回もやり直せることではないので、1回で済ませるように話し合ってください。
助成金を使っても予算を超えた場合は、優先順位が低いものから削りましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る